上手に利用したいカードローン

お金のやりくりに悩むのは専業主婦の性(さが)というものでしょうか。
今月も月末が近づきあちこちの支払いに追われています。
まず自動車税と固定資産税の支払いです。
5月に支払いの期限が来ているのですが、6月のボーナスが入るまで納めるのを保留していたのです。
さらに2月に遊びに行った旅行代金のクレジット引き落としもあります。
この他にも6月のボーナス払いにしておいたショッピングの支払いが多数待っています。
あれこれとツケ払いにしていたものの精算が6月という月なのです。
こんなときに冠婚葬祭が入るとたいへんなことになります。
7月の給料日まで凌ぐ方法を考えないといけません。
当座のお支払いの時間的猶予を得るものがカードローンと思います。
ツケを先延ばしにするだけで最終的には支払いを済ませないといけませんが、時間を買うのに便利な機能と思っています。
ローンというのは「将来の稼ぎを担保に時間を買う機能」というのが私の定義で、これはかなり当たっていると思います。
今回の場合は7月の給料日までの時間をローンにより買っているもの、そのためのコストが利子という風に思っています。
finance2ローンの口座は消費者金融系、信販会社系、銀行系(都市銀行、ネット銀行)と4つ分枠を作っています。
都市銀行系は利子が安いのですが借り入れや返済にちょっとだけ不自由なところがあります。
例えば借り入れが平日の午前0時から午後3時までしかできないこと、返済は平日の午後3時までが当日受付分でそれ以後は翌営業日受付になるなどで、使い勝手が消費者金融系やネット銀行系に比べると不自由なのです。
それでもなぜ使っているかというと1か月分の金利を翌月にキャッシュバックすると言うキャンペーンをときどきやってくれるからで、主婦はキャンペーンに弱いのです。
消費者金融系とネット銀行系は借り入れ・返済はコンビニのATMでできるし、ローン業者から私のネット銀行の口座に振り込ませたり、私のネット銀行の口座からローン業者の返済口座に振り込んだりすることができるので機動性に富んでいると思います。
この右から左へ口座間でお金が動くと言うのは非常に優れた機能と思います。
ちょっと裏ワザ的な使い方ですが、カードローンを使ってA銀行の私名義の口座からB銀行の私名義の口座にお金を無料で送金する方法を紹介します。
たとえばA銀行の私の口座に20万円あるとします。
これをB銀行の私の口座に移したい時にカードローンを使うのです。
ローンの業者はA銀行、B銀行ともに対応可能とします。
まず、B銀行の口座にローンから借金をする形で20万円振り込んでもらいます。
そしてA銀行の私の口座からその日のうちに20万円を業者に返済するのです。
当日限りなら利子は取られないし、借入にも返済にも手数料はかかりません。
結果として私のA銀行の口座から20万円が消え、B銀行の口座に20万円が存在するのです。
業者からの借金は精算しているので残りません。
この方法を使えば実質的に無料で口座間送金ができるのです。
ちょっと手間がかかるのですが裏ワザとしてカードローンを上手に利用していると思います。